読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

喘息とか障がいとか

現在30代半ば。患っている喘息。サークルで関わった障がいについて。

松野莉奈さんの死で感じた事

しろりん(♂)です。

 

久々です。

ちょっと会社が忙しかったり、ショッキングな出来事があったりで更新できませんでした。

 

ショッキングだったのは、私が好きな私立恵比寿中学松野莉奈さんがお亡くなりになったこと。

 

本当の死因は分かりません。

だけど、亡くなったことや、多くの人が悲しみに暮れたのは事実です。

 

ほんとびっくりした。

 

このブログでは、自分の喘息や関わった障がいのことをかくとか抜かしていますが、

確かに、喘息で死にかけたことはあっても、実際は今人生を苦しみながら楽しんでいます。

 

その楽しんでいる一つが私立恵比寿中学です。

 

その魅力は一つ言えば、見える範囲でだけども飾らないアイドルということでした。

 

エビ中たすたすという番組や、グローバル計画という番組だけでもなんとなくそれを感じることができます。

 

歌も良い。

 

もちろんバラードもあるんだけどふざけた曲も多い。

聞いてて飽きない。

ユニコーンとか好きな人には分かってもらえる気もする。

 

かつね、メンバーの中で一番好きなメンバー(推しメン)もいるのだろうけど、このグループは一人ひとりが個性を出していて、かつそれを尊重している様子があった。

それが好きだった。

 

だけど逆に言うと、一つのピースも欠けてはいけないグループだった。

 

その一つのピースが欠けてしまった。

我が家でも毎日心配しているし、ことあるごとに涙が出る。

楽しみの一つが減ってしまった。

 

だけど残酷なことに残された人にとって、日は勝手に過ぎていく・・・

 

メンバーの心境は計り知れないし、勘ぐることも意味がない。

 

でも自分にもぽっかり穴があいてしまった・・・

 

でもね、それはあくまでも生きているからこそ感じること。

少しずつそれは噛みしめないとと思っている。

 

自分はひどい目に会ってきたと今でも思っているし、自己肯定を無理やりしている部分もある。

 

だけど結局は生きて今を楽しめているのだ。

 

だからこれからも人生を噛みしめないといけないと思う。

 

松野さんの分までとかというのは違う。意識を自分で持って、自分で解釈して、自分で反省して、乗り越えていかないといけない。楽しまないといけない。

 

結局は、苦しんでいるけど、苦しめるからこそ楽しさもあるのだと。

生きているから苦しめるし、楽しさもあるのだと。

 

色々な人のおかげで今ある人生、頑張らないとね。

 

でも、本当に美しいのに天真爛漫で人を惹きつける方でした。

 

今日、送る会には行けなかったですが、その分これからのエビ中を、そして自分を大切に生きていきたいと心から思います。

 

亡くなってから17日が経ちました。

でもこれからも何かしら取り上げられるだろうし、思いだされるのだと思います。

疲れるかもしれないけど、ゆっくり休んで下さい。

今後も地上にいるエビ中と一緒に頑張ってください。応援しています。

 

やっぱ自分は恵まれてんだな。

 

酔っぱらっての投稿です。とりとめもありませんが許してください。